news

平松壯 陶展 ー 継ぎもの ー

会 期:2019年11月30日(土) − 12月8日(日)

時 間:11:00 − 18:00 / 最終日 17:00まで

休廊日:12月5日(木)

在廊日:12月7日(土)、8日(日)

高尾の山麓の一軒長屋。

土を練り、轆轤を挽き、折に触れては切る

鎧戸(シャッター)の音が聴こえてくる。

平松壯は陶芸家であり写真家である。


ファインダー越しに覗いた過去・現在・未来を

一つ一つ丁寧に焼いてきた。気どらぬ人柄

から生まれてくる飾らぬ食の器たち。


今展では、その隅に埋れていた 継ぎもの

にも焦点を当てている。破損した陶磁器を

漆などで継ぐそれである。


迎える年の瀬、酒音を重ねた継盃はほんの

少しだけ愁いを取り戻す。



すずきたもつ 陶展 ー 僕は立体が苦手だった ー

会 期:2019年12月14日(土) − 12月22日(日)

時 間:11:00 − 18:00 / 最終日 17:00まで

休廊日:12月19日(木)

在廊日:12月14日(土)、15日(日)、21日(土)